プロレス論」カテゴリーアーカイブ

沖識名「俺が命を賭け、身体を張ってきたプロレスを八百長呼ばわりするとは許せない」

「プロレスは八百長だろう」と言った人をボコボコにした沖識名の言葉

続きを読む

三沢光晴「人間を表現できるレスラーは本物」

三沢光晴が語った「プロレスの奥深さ」を示した言葉

続きを読む

中邑真輔「一番すげーのはプロレスなんだよ」

さまざまな経験を経た中邑真輔が一貫して言っている言葉

続きを読む

長州力「俺からタックルとったら一本でも良いよ」

新日本プロレスの道場で培ったものが最強であると信じている長州力の自信満々の言葉

続きを読む

力道山「ルール内でできる限りの荒わざを取りかわすことが本当の真剣勝負だ」

力道山が木村政彦戦後にさとった言葉

続きを読む

北斗晶「私は最強ではない。でもあの柔道かぶれにだけは絶対に負けない」

1993年、全日本女子プロレスとLLPWの団体対抗戦の中で、最も注目されヒートアップしたのが「北斗晶 vs 神取忍」であった。北斗晶は、神取忍のプロレスに対する考え方が許せなかった。

続きを読む

ブルーザー・ブロディ「プロレスはチェスのようなもの」

リング上ではハチャメチャのように見えたが、実は試合運びが緻密だったブルーザー・ブロディの言葉

続きを読む