ホーム » 五十音 » 0-ナ~ノ » ナカニシマナブ[中西学](第3世代)

ナカニシマナブ[中西学](第3世代)


◆京都府京都市出身
◆1967年1月22日生
◆186cm120kg
◆専修大学→和歌山県庁→闘魂クラブ→新日本
◆「中西最強説」を言う人は結構いた。




略歴

専修大学卒業後、和歌山県庁で勤務する。1989年から全日本レスリング選手権で4連覇を達成する。

1991年4月、闘魂クラブに入団する。

1992年、レスリングフリースタイル100kg級でバルセロナオリンピックに出場する。

1992年10月、プロレスデビューする。

1995年3月、ヤングライオン杯で優勝する。

1995年7月、アメリカ・WCWに遠征する。リングネームは世界で有名な名前「クロサワ」とした。

1996年9月、帰国する。

1997年、小島聡と組み、IWGPタッグ王座を獲得する。

 

G1クライマックス優勝

1999年、決勝で武藤敬司に勝利し、G1クライマックス優勝を達成する。

2000年3月、永田裕志、ブライアンジョンストン、吉江豊、福田雅一と組み、「G-EGGS」を結成し、蝶野正洋のTEAM2000と抗争する。

2001年7月、PRIDE戦士ゲーリーグッドリッジと対戦し、TKO負けを喫する。

2001年9月、ゲーリーグッドリッジと再戦し、フロントスリーパーで勝利し雪辱する。

2002年、カールゴッチからジャーマンスープレックスを伝授され、216cm157kgのジャイアントシンにジャーマンスープレックスを決めて勝利する快挙を達成する。

2006年、大森隆男と組み、「ワイルドチャイルド」を結成する。

 

IWGPヘビー級王座を獲得

2009年5月、棚橋弘至に勝利し、IWGPヘビー級王座を獲得する。

2013年、必殺技「上からドン」を開発する。この技を受けた邪道が「身長が2cm縮まった」と述べた。

2017年1月、棚橋弘至、田口隆祐と組み、NEVER6人タッグ王座を獲得する。

タイトル獲得歴

IWGPヘビー級王座
G1 CLIMAX優勝(1999年)
IWGPタッグ王座
NEVER無差別級6人タッグ王座
トライアスロン・サバイバー優勝(2002年)
アルカス杯争奪6人タッグトーナメント優勝(2015年)
NWAインターコンチネンタルタッグ王座


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。