ホーム » 五十音 » 0-ラ~ン » ラッシャーキムラ[ラッシャー木村](1941-2010)・・

ラッシャーキムラ[ラッシャー木村](1941-2010)・・


▼北海道出身
▼1941年6月30日生
▼185cm125kg
▼宮城野部屋→日本プロレス→東京プロレス→国際プロレス→新日本プロレス→全日本プロレス→NOAH




略歴

高校生のとき兄と大相撲・宮城野部屋に見学に行き、親方から角界入りを誘われた。木村はちゃんこをごちそうになったので断り切れず、高校を中退し宮城野部屋に入門する。

1958年3月、初土俵をふむ。

1964年9月、幕下20枚目で廃業する。

 

プロレスラーに転向

1964年10月、日本プロレスに入団する。

1965年4月、プロレスデビューする。

1966年、東京プロレス旗揚げに参加する。

 

国際プロレスに移籍

1967年、国際プロレスに移籍する。

1969年4月、サンダー杉山と組み、TWWAタッグ王座を獲得する。

1969年8月、アメリカに遠征する。

 

金網デスマッチ無敗「金網の鬼」

1970年8月、帰国する。

1970年10月、日本初の金網デスマッチを行う。

1971年9月、サンダー杉山と組み、IWA世界タッグ王座を獲得する。

1973年10月、IWAワールドシリーズで優勝する。

1974年6月、日本初の金網チェーンデスマッチを行う。

1974年、IWA世界ヘビー級王座を獲得する。

1976年、ジャンボ鶴田と対戦し、年間最高試合賞を受賞する。

1979年、IWA・AWAダブルタイトルマッチでバーンガニアと対戦し、バーンガニアの反則負けとなる。

 

新日本プロレスに参戦

1981年10月、国際プロレスが解散し、新日本プロレスに参戦する。

1982年、アメリカに遠征し、剛竜馬と組み、NWAアメリカスタッグ王座を獲得する。

1984年、UWFの旗揚げメンバーとなったが、数か月で離脱する。

 

全日本プロレスに参戦

UWF離脱後、全日本プロレスに移籍する。

1984年の世界最強タッグ決定リーグ戦でジャイアント馬場とタッグを組むが、試合中に仲間割れとなる。

1988年、馬場と和解し「義兄弟コンビ」を組み、百田光雄を加えて「ファミリー軍団」を結成する。永源遥・大熊元司・渕正信の「悪役商会」と抗争する。

 

NOAHに移籍

2000年、NOAHに移籍する。

2004年7月、引退を表明する。

2010年5月24日、68歳で死去する。

ラッシャー木村のタイトル獲得歴

IWA世界ヘビー級王座
IWA世界タッグ王座
TWWA世界タッグ王座
IWAワールドシリーズ優勝(1973年、1977年)
日本リーグ争覇戦優勝(1978年)
NWAアメリカスタッグ王座


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。