ホーム » ジャーマン » ジャーマンスープレックスホールド

ジャーマンスープレックスホールド

相手の後方にまわり、胴付近に両手を回してクラッチし、相手を上方に持ち上げ自分はブリッジして、相手を自分の後方でフォールする。

ジャーマンスープレックスホールド

相手の後方から胴付近に両手を回してクラッチし、相手を上方に持ち上げ自分はブリッジして、相手を自分の後方でフォールする。

ベルギー出身でアメリカで活躍していたプロレスラー・カールゴッチが開発し、1961年にゴッチが来日し、日本で初公開した。ゴッチはプロフィールではドイツ人を名乗っていたため「ジャーマン」という名がついた。


▲カールゴッチの見事なジャーマン

高山善廣は、196cmの長身を活かした大きな弧を美しく描く「エベレストジャーマン」を決め技としている。


▲高山善廣のエベレストジャーマン

宮原健斗は、ジャーマンを改良し「シャットダウンスープレックス」として決め技としている。相手の両腕を完全にクラッチし、一旦上方に持ち上げてから、自分のブリッジにより相手を後方に押さえつけ、相手は固められて動けなくなりスリーカウントが入ってしまう。


▲宮原健斗のシャットダウン

この技の使い手

スポンサーリンク


(Visited 36 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。