ホーム » 000-プロレスラーの名言 » プロレス論 » ジャイアント馬場「体は小さいが根性はありそうだ」

ジャイアント馬場「体は小さいが根性はありそうだ」

▼209cmのジャイアント馬場が189cmの天龍源一郎の体を見て言った言葉

ジャイアント馬場「体は小さいが根性はありそうだ」

▲ジャイアント馬場(209cm)

全日本プロレス創立者・ジャイアント馬場は、体の大きい選手を好んで使う傾向があった。1972年に全日本プロレスを設立し、ミュンヘンオリンピック・レスリングに出場したジャンボ鶴田(身長196cm)を入団させ、早い段階でタイトルマッチなどの主要な試合で起用した。(ジャンボ鶴田は充分に期待に応えた)


▲天龍源一郎(189cm)

1976年、大相撲の元幕内力士である身長189cmの天龍源一郎が全日本プロレスに入門してきた。馬場が最初に天龍の体を見て言った言葉が

「体は小さいが根性はありそうだ」

であった。


スポンサーリンク

ジャイアント馬場の関連記事

プロレスの名言・・プロレス論

プロレスの名言


スポンサーリンク

(Visited 47 times, 1 visits today)