コバシケンタ・・小橋建太

▼京都府福知山市出身
▼1967年3月27日生
▼186cm120kg
▼全日本→NOAH

小橋建太の略歴

1987年、京セラを退職し、全日本プロレスに入門する。

1988年2月26日、全日本プロレスからプロレスデビューする。

1990年4月9日、二代目タイガーマスクと組み、アジアタッグ王座を獲得する。

世界最強タッグ決定リーグ戦3連覇

1993年12月、三沢光晴と組み、世界最強タッグ決定リーグ戦で優勝する。

1994年12月、三沢光晴と組み、世界最強タッグ決定リーグ戦で2連覇を達成する。

1995年12月、三沢光晴と組み、世界最強タッグ決定リーグ戦で3連覇を達成する。

三冠ヘビー級王者に君臨

1996年7月、三冠ヘビー級王者となる。

1997年5月、ジョニー・エース、パトリオットと組み、新チーム「GET」を結成する。

1998年9月、秋山準と組み、「バーニング」を結成する。

2000年4月、チャンピオンカーニバルで初優勝する。

NOAHに移籍、GHCヘビー級王者に君臨「絶対王者」

2000年8月、NOAHに移籍し、旗揚げ戦に参戦する。

2003年3月1日、GHCヘビー級王者となる。2年間ベルトを保持し、13回防衛する。「絶対王者」と呼ばれる。

2003年5月、新日本プロレス東京ドーム大会に出場し、GHCヘビー級選手権で蝶野正洋から防衛する。

2006年6月、腎臓癌の治療で欠場する。

2007年12月、リング復帰する。

2009年10月、蝶野正洋25周年記念試合で、蝶野正洋、武藤敬司とタッグを結成する。

2010年6月、歌手のみずき舞と結婚する。

選手を引退し、興行のプロデュースを行う。

2013年5月、引退試合を行う。

2014年6月、小橋建太がプロデュースする興行「Fortune Dream1」を行う。その後も継続してプロデュース興行を開催している。


スポンサーリンク

小橋建太のすごいところ

絶対的な練習量で「絶対王者」となる

練習量は誰も全くかなわなかった。時間があれば常に練習をしていた。

ジャイアント馬場が「休むのも練習の内だから休め」と命令した。馬場は小橋のことを「小橋は趣味が練習、職業はプロレスラー」と言っていた。

小橋が入院した時には、三沢光晴が「病室にダンベルを持ち込ませるな」と他の選手に言っていた。

秋山準やKENTAが小橋の練習につきあって、オーバーワークで病院送りとなった。

川田利明が小橋について「あいつを殺すには刃物は要らない。ダンベルを取り上げればいい」と言った。

小橋が異常なほど練習熱心で他のレスラーには嘲笑するような人もいた。天龍源一郎が「おまえら笑ってるけどな、今にこいつに食わせてもらう日が必ず来るぞ」と言った。

究極のベビーフェイスであった。

負け惜しみ、人の悪口、デカい口を叩くなどということは一切なかった。

鈴木みのるは小橋について「俺に挑発されると大抵ムキになって言い返す。そうすると向こうの印象が悪くなるだけで、大体口で俺に勝てるわけがねぇ。でも小橋建太はそういうことが無い。あいつこそ真のベビーフェイスだ」と評している。

ファンサービスを丁寧にする。サインを断ることはほとんど無い。


スポンサーリンク

小橋建太が獲得したタイトル

三冠ヘビー級王座
世界タッグ王座
アジアタッグ王座
チャンピオン・カーニバル優勝(2000年)
世界最強タッグ決定リーグ戦優勝(1993年・1994年・1995年・1998年・1999年)
GHCヘビー級王座
GHCタッグ王座
GHC無差別級王座
プロレス大賞MVP(1996年、1998年)


スポンサーリンク

京都府出身のひと


スポンサーリンク

(Visited 36 times, 1 visits today)

今週の人気記事

商標登録手続中(商願2019-40335)