ホーム » 000-プロレスラーの名言 » アントニオ猪木「アントニオ猪木流のストロングスタイル」とは

アントニオ猪木「アントニオ猪木流のストロングスタイル」とは

▼アントニオ猪木が自伝に記している「アントニオ猪木流のストロングスタイル」とは・・・

アントニオ猪木流のストロングスタイルとは

アントニオ猪木は、1960年にブラジルで力道山からプロレスにスカウトされ、1971年までプロレス団体「日本プロレス」に所属した(1966年に一時退団したが短期間で復帰)。1971年末に日本プロレスを離脱し、その後、新団体「新日本プロレス」を創設した。


▲アントニオ猪木

カールゴッチは、日本にジャーマンスープレックスホールドをもたらし、様々なプロレス技術を日本に伝えた「プロレスの神様」であり、猪木の師匠ともいえる人物であった。


▲カールゴッチのジャーマンスープレックスホールド

 

1972年3月6日、アントニオ猪木が創設した新団体「新日本プロレス」の旗揚げ戦が東京・大田区体育館で行われた。メインイベントは、猪木と師匠の対決「アントニオ猪木 vs カールゴッチ」であり、アントニオ猪木は敗れている。アントニオ猪木は、「ストロングスタイル」について、以下のように自伝に記している。

 

ゴッチはやはり強かった。彼は教え子の門出に花を持たせるような、そんな男ではない。私はゴッチに学んだ卍固めを切り返され、スープレックスで叩きつけられてフォール負けした。私は満足していた。勝ち負けではなく、プロレスの凄みを観客に伝えられた。

カールゴッチ流の技術の攻防を見せるスタイルと、
力道山流の喧嘩に近いスタイルを融合させた、
アントニオ猪木流のストロングスタイル
を見せることができたのだ。

※「アントニオ猪木自伝」より抜粋引用

 


▲スポンサーリンク

プロレスの名言・・プロレス論

プロレスの名言
 


▲スポンサーリンク

(Visited 21 times, 1 visits today)