ホーム » 000-プロレスラーの名言 » カールゴッチ「投げっぱなしジャーマンはブリッジができない奴の言い訳」

カールゴッチ「投げっぱなしジャーマンはブリッジができない奴の言い訳」

▼「プロレスの神様」カールゴッチの強いこだわりから出た発言

カールゴッチ「投げっぱなしジャーマンはブリッジができない奴の言い訳」

カールゴッチは、日本にジャーマンスープレックスをもたらし、様々なプロレス技術を日本に伝えた「プロレスの神様」である。

カールゴッチは、レスリング選手時代は、ベルギー王座7回獲得、1948年のロンドンオリンピック出場という輝かしい実績があった。プロレスラーになってから、レスリングのスープレックス(後ろに反りながら投げる技)を応用し、ジャーマンスープレックスをプロレス技として開発した。

カールゴッチは実際はベルギー人だったが、プロレスのギミック上ではドイツ人となっていたため、「ジャーマンスープレックス」と名付けられた。


▲カールゴッチの見事なジャーマンスープレックス

カールゴッチは、力道山が創設した日本プロレス、アントニオ猪木が創設した新日本プロレス、90年代に次々と創設された格闘技系団体の技術体系に大きな影響を与えた。

1990年代、投げっぱなしジャーマンが流行した時、カールゴッチは、レスリングの基本的な動きであるブリッジが疎かにされていることを痛烈に批判した。そのときに発した言葉がこの言葉である。

「投げっぱなしジャーマンはブリッジができない奴の言い訳」

 

 


▲スポンサーリンク

カールゴッチの記事
    プロレスの名言・・プロレス論

    プロレスの名言

     


    ▲スポンサーリンク

    (Visited 46 times, 1 visits today)