ホーム » 0-サイトマップ » 選手名鑑 » 000-選手名鑑(誕生日順) » 2月生まれの人 » ナカムラシンスケ・・中邑真輔

ナカムラシンスケ・・中邑真輔

▼京都府出身
▼1980年2月24日
▼188cm105kg
▼青山学院大学→新日本→WWE

 

中邑真輔の略歴

青山学院大学でレスリング主将を務め、並行して和術慧舟會で総合格闘技の練習をしていた。

2002年8月、新日本プロレスからプロレスデビューする。デビュー戦後はLA道場でトレーニングを行い、新日本プロレスの巡業には帯同しなかった。

2003年5月、総合格闘技ルールでヤン"ザ・ジャイアント"ノルキアと対戦し勝利する。

史上最年少でIWGPヘビー級戴冠

2003年12月9日、天山広吉に勝利し、IWGPヘビー級王座を獲得する。史上最年少記録であった。

2003年大晦日、キックボクサーのアレクセイ・イグナショフと対戦し、膝蹴りを受け一旦倒れたがすぐ立ち上がったものの、即座にTKO負けを宣告されたことに抗議した結果、無効試合となった。

2004年1月4日、IWGPヘビー級とNWFヘビー級のダブルタイトルマッチで高山善廣に勝利する。IWGPとNWFに二冠王となるが、NWFは封印する。

2004年5月、アレクセイ・イグナショフと再戦し、ギロチンチョークで勝利する。

2004年12月、棚橋弘至と組み、IWGPタッグ王座を獲得する。

2005年1月4日、棚橋弘至に勝利し、U-30無差別級王座を獲得する。その後、ベルト封印を宣言する。

2006年10月、蝶野正洋と組み、G1 TAG LEAGUEで優勝する。

2007年9月、結婚披露宴を行う。

2008年1月4日、棚橋弘至に勝利し、IWGPヘビー級王座を獲得する。

2009年1月4日、後藤洋央紀と組み、NOAHの三沢光晴・杉浦貴と対戦する。杉浦に腕ひしぎ逆十字固めで勝利する。

CHAOSを結成

2009年4月、矢野通とCHAOSを結成する。

2009年8月、真壁刀義に勝利し、IWGPヘビー級王座を獲得する。

このころからクネクネになる

2011年5月、メキシコのCMLLに遠征する。このころから、クネクネムーブが徐々に多くなる。

2011年8月、G1クライマックスで優勝する。

2012年7月、後藤洋央紀に勝利し、インターコンチネンタル王座を獲得する。

2014年3月、NEW JAPAN CUPで優勝する。王座に挑戦するベルトとしてインターコンチネンタルベルトを選択する。

2016年1月、新日本プロレスを退団する。

WWEに移籍

2016年2月、WWEに移籍する。

2016年8月、NX王座を獲得する。

中邑真輔が獲得したタイトル

IWGPヘビー級王座
U-30無差別級王座
インターコンチネンタル王座
IWGPタッグ王座
G1 CLIMAX優勝(2011年)
G1 TAG LEAGUE 優勝(2006年)
NEW JAPAN CUP優勝(2014年)
NWFヘビー級王座(第21代)
ロイヤルランブル 優勝(2018年)
NXT王座

 


▲スポンサーリンク

ゆかりのひと

中邑真輔の記事
    最新ニュース(日付順)

       


      ▲スポンサーリンク

      (Visited 45 times, 1 visits today)