ホーム » 000-プロレスラーの名言 » プロレス論 » 沖識名「俺が命を賭け、身体を張ってきたプロレスを八百長呼ばわりするとは許せない」

沖識名「俺が命を賭け、身体を張ってきたプロレスを八百長呼ばわりするとは許せない」

▼「プロレスは八百長だろう」と言った人をボコボコにした沖識名の言葉

「俺が命を賭け、身体を張ってきたプロレスを八百長呼ばわりするとは許せない」

沖識名は力道山にプロレスを教えた

沖識名は、沖縄県出身でハワイに移住した日系アメリカ人である。ハワイで相撲や柔道で活躍した後、1932年にプロレスラーとなった。1937年には、NWAハワイジュニアヘビー級王座を獲得している。

1948年に現役を引退し、大相撲からプロレスに転向した力道山のコーチを務めた。その後、力道山が創設した日本プロレスでレフェリーを務めた。


▲沖識名

プロレスを馬鹿にした人をボコボコにした沖識名

1965年、沖識名が61歳の時、拳銃不法所持で逮捕され留置されたことがあった。留置場で「プロレスは八百長だろう」と絡んできた人がいたので

「俺が命を賭け、身体を張ってきたプロレスを八百長呼ばわりするとは許せない」

と激怒し、ボコボコにしてしまった。

沖識名のプロレスへの敬意

八百長とは「金をもらってわざと負けること」でありプロレスとは違う。プロレスは、リング上の相手と勝敗を競うのみならず、試合内容を観客に認めさせなければならないという超高度な真剣勝負である。これを理解できない人は、プロレスに言及するのはやめたほうが良いだろう。

沖識名は引退後も、プロレスへの敬意を失っていなかった。

※出典「群狼たちの真実」「力道山自伝」

 


▲スポンサーリンク

沖識名の記事
    沖縄県出身のひと
     


    ▲スポンサーリンク

     


    ▲スポンサーリンク

    (Visited 111 times, 1 visits today)