ホーム » 五十音 » 0-カ » カワダトシアキ・・川田利明

カワダトシアキ・・川田利明

▼栃木県出身
▼1963年12月8日
▼183cm110kg
▼全日本→無所属

     


    ▲スポンサーリンク

    川田利明の略歴

    足利工業大学付属高校でレスリング国体優勝

    足利工業大学付属高等学校でレスリングに励み、国体優勝の実績をあげる。高校では1年先輩に三沢光晴がいる。

    全日本プロレスからプロレスデビュー

    1982年3月、高校卒業後、三沢光晴の誘いで全日本プロレスに入団する。

    1982年10月、プロレスデビューする。デビューから205連敗を喫する。

    1985年、アメリカ修行に出る。

    1987年、帰国し、サムソン冬木と組み、タッグチーム「フットルース」を結成する。また、冬木とともに天龍源一郎のチーム「レボリューション」に参加する。

    1988年3月、サムソン冬木と組み、アジアタッグ王座を獲得する。

    大量離脱のとき全日本に残り「超世代軍」を結成

    1990年、新団体SWS旗揚げに参加した選手が大勢離脱したときは、川田は全日本プロレスに残った。

    1990年、三沢光晴、田上明、小橋建太らとともに「超世代軍」を結成する。

    1991年7月、三沢光晴と組み、世界タッグ王座を獲得する。

    1992年10月、旗揚げ20周年記念大会で、三沢光晴と三冠ヘビー級選手権で対戦する。

    四天王時代

    1993年、田上明と「聖鬼軍」を結成し、三沢光晴・小橋建太と激しい試合内容で対決するようになる。このころから、三沢光晴、小橋建太、田上明とともに「四天王」と呼ばれるようになる。

    1994年、チャンピオンカーニバルで優勝する。

    全日本プロレス初の東京ドーム大会で三沢に勝利

    1998年5月1日、三冠ヘビー級選手権で三沢光晴に勝利し、「プロレス人生で一番幸せです。今が!」と述べる。

    NOAH旗揚げのとき全日本に残り、佐々木健介と対決

    1999年1月、ジャイアント馬場の死去に伴い、三沢光晴が社長に就任したが、馬場夫人と考えが合わなかった。2000年8月、三沢は全日本を離脱し新団体NOAHを旗揚げした。その際、大量の選手が三沢と行動を共にしたが、川田は渕正信、マウナケア・モスマン(太陽ケア)とともに全日本に残った。

    2000年10月9日、新日本プロレス・東京ドーム大会でIWGPヘビー級王者・佐々木健介と対戦し勝利する。佐々木は、IWGP王座を返上する。

    2001年1月4日、IWGP王者決定トーナメント決勝で佐々木健介に敗れる。

    2002年2月、三冠ヘビー級選手権で武藤敬司に勝利する。

    2004年2月、三冠ヘビー級選手権で橋本真也に勝利する。

    ハッスルKとなる

    2004年、「ハッスル」に参戦し、「ハッスルK」となる。高田総統、小川直也、「インリンらとファイティングオペラ」を演じる。

    無所属となる

    2005年3月、無所属であることを宣言する。

    2005年4月、NOAH東京ドーム大会で三沢光晴と対戦する。試合後、事前の取り決めをせずマイクアピールをするという、三沢にとってはやってはいけないことをやってしまったため、この後はNOAH参戦や三沢との対戦は無かった。

    2005年、ハッスル軍を裏切り、高田モンスター軍に寝返る。

    2007年1月4日、東京ドーム大会で中邑真輔と対戦し勝利する。

    三沢光晴追悼興行に出場

    2009年6月13日、三沢光晴が試合中の事故で亡くなり、10月3日、三沢光晴追悼興行に参戦した。川田利明が獲得したタイトル

    三冠ヘビー級王座
    世界タッグ王座
    アジアタッグ王座
    チャンピオンカーニバル優勝(1994年、1997年)
    世界ヘビー級王座(ZERO1)

     


    ▲スポンサーリンク

       


      ▲スポンサーリンク