ホーム » 000-実績別 » GHCヘビー級 » タウエアキラ・・田上明

タウエアキラ・・田上明

▼埼玉県秩父市出身
▼1961年5月8日
▼192cm120kg
▼押尾川部屋→ジャパンプロレス→全日本→NOAH

     


    ▲スポンサーリンク

    田上明の略歴

    大相撲からプロレス転向

    中学3年のとき、大相撲・押尾川部屋に入門する。

    1980年1月、初土俵を踏む。

    1987年7月、最高位で西十両6枚目まで上がったが、師匠との確執で大相撲を廃業する。その後、三遊亭楽太郎(6代目圓楽)の勧めでプロレスに転向する。

    ジャパンプロレスから全日本プロレスに移籍

    1987年、ジャパンプロレスに入団する。全日本プロレスの小橋建太と同期である。

    1988年1月、全日本プロレスに移籍する。

    ジャンボ鶴田のパートナーとなる

    1990年、ジャンボ鶴田が超世代軍から田上を引き抜き、田上は鶴田のタッグパートナーとなる。

    1992年3月、ジャンボ鶴田とのタッグで世界タッグ王座を獲得する。

    聖鬼軍結成

    ジャンボ鶴田が病気で第一線を退いたため、川田利明と組み、聖鬼軍を結成する。川田とのタッグで、世界タッグ王座を6度戴冠する。

    1996年、チャンピオン・カーニバル、三冠ヘビー級王座、世界タッグ王座、世界最強タッグ決定リーグ戦を制しグランドスラムを達成した。

    NOAHに移籍

    2000年、三沢光晴が創設したNOAHに移籍する。

    2005年11月、GHCヘビー級王座を獲得する。

    2009年、三沢光晴が試合中の事故で急逝したことにより、社長に就任する。

    2013年12月、現役を引退する。

    田上明が獲得したタイトル

    三冠ヘビー級王座
    世界タッグ王座
    アジアタッグ王座
    チャンピオン・カーニバル 優勝(1996年)
    世界最強タッグ決定リーグ戦優勝(1996年・1997年)
    GHCヘビー級王座

     


    ▲スポンサーリンク

       


      ▲スポンサーリンク

      今週の人気記事