ホーム » 000-選手名鑑(誕生日順) » 3月生まれの人 » トヨノボリ-豊登(1931.03.21-1998.07.01)・・"怪力"

トヨノボリ-豊登(1931.03.21-1998.07.01)・・"怪力"

◆福岡県出身
◆1931年3月21日生
◆174cm114kg
◆立浪部屋→日本プロレス→東京プロレス→国際プロレス→新日本

スポンサーリンク


豊登の略歴

1947年、大相撲・立浪部屋から初土俵を踏む。

1954年、幕内に昇進するが、親方とのトラブルにより廃業する。

日本プロレスに入団

1954年10月、力道山が創設した日本プロレスに入団する。

1954年11月、プロレスデビューする。

1960年、力道山と組み、アジアタッグ王者となる。

1964年、ワールドリーグ戦で優勝する。

1965年、死去した力道山の後を引き継いで社長に就任する。ワールドリーグ戦連覇を果たす。

1965年12月、日本プロレスを退社する。

アントニオ猪木略奪事件

1966年3月、日本プロレスのアントニオ猪木がアメリカ遠征から帰国する直前、ホノルルで猪木と密会し、「日本プロレスに帰ってもお前は馬場の2番手だ。俺の団体に来たら社長エースにしてやる」と口説いた。アントニオ猪木をエースとした新団体設立の準備を進めた。

1966年10月、アントニオ猪木をエースとした新団体・東京プロレスの旗揚げ戦を蔵前国技館で行った。しかし、新団体の経営は続かず、アントニオ猪木からの信頼も失い、団体は消滅した。猪木は、日本プロレスに復帰したが、「猪木は豊登にだまされた」と解釈され、責任を強く追及されることはなかった。

国際プロレスに入団

1967年、国際プロレスに入団する。

1968年2月、サンダー杉山と組み、TWWA世界タッグ王座を獲得する。

1969年5月、ストロング小林と組み、IWA世界タッグ王座の初代王者となる。

1970年2月、引退する。

新日本プロレス参戦・引退

1972年3月、新間寿から強くすすめられ、アントニオ猪木が創立した新日本プロレスに参戦する。

1973年、新日本プロレスを勇退し引退する。

1998年、急性心不全で死去した。67歳であった。

豊登のいろいろ

◆両腕を前で交差させ、脇の下から「パコン、パコン」と音を鳴らすパフォーマンスは非常に有名であった。歌手の桑田佳祐は、豊登の歌をつくり、このパフォーマンスを取り入れた。

◆筋骨隆々であり、怪力で有名であった。「タオルを左右に引っ張ってぶち切ることができた」「ライトバンが溝にはまったとき、一人で動かした」「死後、遺骨拾いの時、骨の大きさで驚かせた」などの逸話がある。

◆有名レスラーの名付け親になっている。(アントニオ猪木、上田馬之助、山本小鉄、星野勘太郎など)

豊登が獲得したタイトル

WWA世界ヘビー級王座
アジアタッグ王座
TWWA世界タッグ王座
IWA世界タッグ王座

スポンサーリンク


スポンサーリンク


(Visited 110 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。