ホーム » 新日本プロレス(旧) » ▽2018.09.17・新日本・大分[23]内藤哲也が勝利・体制の変更を示唆「一歩踏み出す勇気」タイチがNEVER強奪「世紀の大誤審の証明」

▽2018.09.17・新日本・大分[23]内藤哲也が勝利・体制の変更を示唆「一歩踏み出す勇気」タイチがNEVER強奪「世紀の大誤審の証明」

▽2018.09.17・新日本・別府ビーコンプラザ=2,280人・・☆タイチ☆内藤哲也○永田裕志(ナガタロックⅡ)○デビッドフィンレー(Prima Nocta)○吉田綾斗(反則)○タイガーマスク(ツームストンパイルドライバー)○ランスアーチャー(キラーボム)○ザックセイバージュニア(ジャックナイフ式エビ固め)○ジュースロビンソン(パルプフリクション)○タイチ(ブラックメフィスト)○内藤哲也(デスティーノ)

試合結果

▽2018.09.17・新日本・別府ビーコンプラザ=2,280人・・

▼6人タッグマッチ
×辻陽太
小島聡
天山広吉
--vs--
上村優也
中西学
○永田裕志
--9分08秒
-ナガタロックⅡ

▼タッグマッチ
成田蓮
○デビッドフィンレー
--vs--
×海野翔太
トーアヘナーレ
--6分38秒
-Prima Nocta

▼シングルマッチ
○吉田綾斗
--vs--
×飯塚高史
--4分30秒
-反則

▼8人タッグマッチ
田口隆祐
KUSHIDA
○タイガーマスク
獣神サンダーライガー
--vs--
SHO
YOH
×ロッキーロメロ
ウィルオスプレイ
--10分00秒
-ツームストンパイルドライバー

▼タッグマッチ
チャッキーT
×バレッタ
--vs--
デイビーボーイスミスJr
○ランスアーチャー
--10分34秒
-キラーボム

▼6人タッグマッチ
BUSHI
SANADA
×EVIL
--vs--
エルデスペラード
金丸義信
○ザックセイバージュニア
--8分31秒
-ジャックナイフ式エビ固め

▼8人タッグマッチ
○ジュースロビンソン
本間朋晃
真壁刀義
棚橋弘至
--vs--
ジェイホワイト
×YOSHI-HASHI
矢野通
オカダカズチカ
--13分01秒
-パルプフリクション

▼NEVER無差別級選手権
【王者】
×後藤洋央紀
--vs--
○タイチ
【挑戦者】
--20分54秒
-ブラックメフィスト
タイチが新チャンピオンとなる

▼シングルマッチ
○内藤哲也
--vs--
×鈴木みのる
--32分08秒
-デスティーノ

※公式サイト・ツイッターから抜粋引用

 

☆話題賞=タイチ・内藤哲也

タイチがNEVER新チャンピオン「世紀の誤審の証明」
NEVER無差別級選手権が行われ、挑戦者のタイチが、金丸義信とエルデスペラードの介入による助力を大いに利用し、チャンピオンの後藤洋央紀に勝利した。タイチは第19代チャンピオンとなった。タイチは、G1クライマックスにエントリーされなかった屈辱(世紀の大誤審)を晴らすためにG1出場者を倒すという目標を一つ達成した。

タイチ「世紀の大誤審が証明されましたよ?どうすんだ?」

 

内藤哲也が鈴木みのるに勝利・ロスインゴの体制変更を示唆
内藤哲也と鈴木みのるのシングルマッチは、ノンタイトルだったが注目度が高く、NEVER無差別級選手権をさしおいてメインイベントで行われた。鈴木みのるは、アキレス腱固め、膝十字固め、片羽絞め、ヒールホールド、足4の字固めと次から次と関節技を繰り出し、内藤哲也を苦しませた。しかし、内藤哲也はこの技に耐え抜き、最後にデスティーノで勝利した。

試合後、内藤はロスインゴの体制変更を示唆した。

内藤哲也「『一歩踏み出す勇気』これは今のロスインゴに必要なことかもしれない。それがどういうことかは、みなさんで想像して楽しんでください」

 


▲スポンサーリンク

(Visited 18 times, 1 visits today)