ケニー・オメガ・・

◆カナダ・マニトバ州ウィニペグ出身
◆1983年10月16日
◆183cm92kg
◆カナダローカル団体→アメリカローカル団体→カナダorアメリカ→DDT→新日本プロレス

スポンサーリンク


ケニー・オメガの略歴

2000年頃、カナダのローカル団体でプロレスデビューする。その後、アメリカのインディー団体で活動する。

2002年~2008年頃は、WWE傘下団体やカナダのローカル団体で活動する。日本のプロレスへの憧れが強くなる。YouTubeへの動画投稿なども行い、日本のプロレス団体へのアピールをする。

DDT・全日本・新日本に参戦

2008年7月、来日しDDTに参戦する。

2009年1月、飯伏幸太と組み「ゴールデン☆ラヴァーズ」を結成し、KO-Dタッグ王座を獲得する。

2010年10月、「ゴールデン☆ラヴァーズ」でIWGPジュニアタッグ王座を獲得する。

2011年9月、世界ジュニアヘビー級王座を獲得する。

2012年12月、KO-D無差別級王座を獲得する。

2014年10月、新日本プロレスに入団する。

BULLET CLUB加入・ヘビー級転向

2014年11月、BULLET CLUB加入を表明する。

2015年1月4日、IWGPジュニア王座を獲得する。

2016年1月5日、BULLET CLUBのAJスタイルズを袋叩きにして追放し新リーダーとなる。ヘビー級転向とインターコンチネンタル王座への挑戦を表明する。

2016年2月14日、棚橋弘至に勝利し、インターコンチネンタル王座を獲得する。

2016年8月、G1クライマックスで初出場・初優勝を達成する。翌年の1・4東京ドームにおけるIWGP挑戦権を獲得する。

オカダカズチカとの伝説の試合

2017年1月4日、IWGP王者オカダカズチカに挑戦し、45分の死闘の末惜しくも敗れた。この試合は、世界的に賞賛を受けた。

2017年6月、オカダカズチカの再戦で60分時間切れ引き分けとなり、王座奪取できなかった。

獲得したタイトル

G1 CLIMAX優勝(2016年)
IWGPジュニアタッグ王座
IWGPジュニアヘビー級王座
IWGPインターコンチネンタル王座
NEVER無差別級6人タッグ王座
IWGP USヘビー級王座(初代)
世界ジュニアヘビー級王座
KO-D無差別級王座
DDT EXTREME級王座
KO-Dタッグ王座
KO-D6人タッグ王座
4FWジュニアヘビー級王座
CWEタッグ王座
CWFヘビー級王座
JAPWヘビー級王座
JAPWライトヘビー級王座
PCWヘビー級王座
PCWタッグ王座
プレミア・カップ 優勝(2005年、2007年)
PWG世界王座
バトル・オブ・ロサンゼルス 優勝(2009年)
カナディアン・ユニファイドジュニアヘビー級王座
TRCWタッグチーム王座
日本海6人タッグ選手権王座

スポンサーリンク


スポンサーリンク


(Visited 10 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

「megamatsuko」登録6239571号