ホーム » 000-選手名鑑(誕生日順) » 6月生まれの人 » ブルーザー・ブロディ(1946-1988)

ブルーザー・ブロディ(1946-1988)

◆アメリカ・ミシガン州・デトロイト出身
◆1946年6月18日生
◆198cm140kg
◆テキサス州立大学→NFL→NWAビッグタイムレスリング→WWWF→全日本→新日本→全日本
◆真壁刀義のギミックの元祖

スポンサーリンク


ブルーザーブロディの略歴

テキサス州立大学でフットボール選手として活躍する。

1968年、NFLで約3年間活躍するが、膝のけがで引退する。

1973年、フリッツ・フォン・エリックのスカウトでプロレスラーになる。

1974年、スタンハンセンとタッグを組む。その後、全日本プロレスで再びタッグを組む。

1975年10月、NWAウエスタンステーツヘビー級王座を獲得する。

1975年12月、NWAフロリダヘビー級王座を獲得する。

1976年7月、WWWFに参戦する。ブルーノ・サンマルチノ、アンドレ・ザ・ジャイアントとともにメインイベンターとなる。

1979年8月、ディック・ザ・ブルーザーに勝利し、WWA世界ヘビー級王座を獲得する。

全日本プロレスに参戦する。

1979年、全日本プロレスに参戦する。このころから全日本プロレスの常連となる。

1981年10月、ドリーファンクジュニアに勝ち、インターナショナルヘビー級王座を獲得する。ドリーファンクジュニアの息子にニードロップを放つというような強烈な凶暴性を見せる。

1982年、新日本プロレスから移籍したスタン・ハンセンと再びコンビを組み、「超ミラクルパワーコンビ」といわれる。

1984年、PWF世界タッグ王座の初代チャンピオンとなる。

新日本プロレスに移籍するが永久追放

1985年3月、新日本プロレスに移籍する。テレビ朝日では、ブルーザーブロディ移籍について「世界一のプロレスラーが新日本プロレスにやってきます!!」というような紹介をしていた。

1985年12月、ジミースヌーカと組みIWGPタッグリーグ戦に出場し決勝に進出していたが、決勝戦をボイコットし新日本プロレスから追放となった。

1986年、新日本プロレスと和解し再び参戦するが、11月に来日予定を突然キャンセルし永久追放となった。

全日本プロレスに復帰

1987年、全日本プロレスに復帰する。

1988年3月、ジャンボ鶴田からインターナショナルヘビー級王座を奪回する。ブロディのキャラクターとしては珍しく、このときはファンと共に喜びを分かち合う雰囲気となった。

プエルトルコで死去

1988年7月16日、プエルトルコでブッカーのホセ・ゴンザレスと口論して喧嘩となり、腹部を刺されてしまう。

1988年7月17日、出血多量で死亡する。42歳であった。

ブルーザーブロディの人物

◆リング上では"超獣キングコング"を演じ、ハチャメチャに暴れまわり、観客を恐怖におとしいれていた。これは、観客に強烈な印象を与えるためのギミックであり、記憶に強く残るようにするためだったと本人は語っていた。「ブロディの実際の試合運びは緻密だった」とジャイアント馬場とジャンボ鶴田は言っていた。ブロディは「プロレスはチェスのようなもの」と言っていた。

◆日本人の敵のようなキャラクターだったが、日本人レスラーに対してもアドバイスをしていた。武藤敬司は「ブロディからのアドバイスは的確だった」と述べている。「ザ・グレートカブキ」が誕生したきっかけは、高千穂明久にダラス転戦とヒール転向を進めたことであった。これがなければ、「グレートカブキの息子=ザ・グレートムタ」もなかった。

◆プロレスラーの好き嫌い、認める認めないのギャップが激しかった。ジャンボ鶴田の無尽蔵のスタミナには敬意を表して認めており、鶴田との対戦前に減量して臨むほどであった。天龍源一郎が相手の技を受けてぶつかり合う点も認めており、天龍とはお互いにぶつかりあって迫力のある勝負をした。しかし、嫌いなレスラーのことは全く認めず、相手の技は受けず、一方的にボコボコにしようとした。ミルマスカラスや長州力のことは嫌いだったようである。

◆プライドが異様に高く、自分をトップとして扱わないプロモーターは認めなかった。自分の扱いに不満があると、理不尽な要求をしたりボイコットしたりした。アントニオ猪木は、2回も試合をボイコットされ、ひどい目に合っている。ジャイアント馬場に対しても、新日本プロレスの引き抜きに応じるという裏切り行為をしたが、その後、ジャイアント馬場は信頼できる人物だったと反省し、裏切ったことを後悔したという。

ブルーザーブロディが獲得したタイトル

NWAトライステート
NWA USタッグ王座(トライステート版)
NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座
NWAビッグタイム・レスリング
NWAテキサス・ヘビー級王座
NWAテキサス・ブラスナックル王座
NWAテキサス・タッグ王座
NWAアメリカン・ヘビー級王座
NWAアメリカン・タッグ王座
WCWA TV王座:1回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
NWAフロリダ・ヘビー級王座
セントラル・ステーツ・レスリング
NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座
NWAセントラル・ステーツ・タッグ王座
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
WWA世界ヘビー級王座
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
SCWサウスウエスト・ブラスナックル王座
SCW世界タッグ王座
インターナショナル・ヘビー級王座
PWF世界タッグ王座

ゆかりのひと

関連記事

スポンサーリンク


スポンサーリンク


(Visited 45 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。