ホーム » 未分類 » 2017.09.02-■芦野祥太郎のプロレス論「強さ=プロレス愛」

2017.09.02-■芦野祥太郎のプロレス論「強さ=プロレス愛」

■9月2日の選手権でイケメンからベルト防衛に成功した芦野祥太郎が、「プロレス愛」に言及した。

スポンサーリンク


芦野祥太郎が"プロレス愛"についてツイート・・強さ=プロレス愛

芦野祥太郎が、9月2日・WRESTLE-1・後楽園ホール大会で、WRESTLE-1チャンピオンシップを防衛し、プロレスの強さはプロレス愛である、とツイートした。

芦野祥太郎のツイート
「横浜文化体育館大会終了。 なんとか防衛しました。イケメンは巧さだけじゃない。強い。 プロレスにおける強さってプロレスに対する愛情の強さなのかも。 今回は僅差で俺の愛情が上回っただけなのかもしれない。 ただ試合を通じて思った… 俺はWRESTLE-1が大好きだ!!」

【出典】https://twitter.com/shotaroashino/status/904013574808395776

芦野祥太郎は、WRESTLE-1チャンピオンをプロ入り2年で獲得し、9月2日に黒潮"イケメン"二郎から防衛し、4度目の防衛となった。また、芦野は加入していたチーム「TriggeR」を脱退し、自分が中心となる新チーム「Enfants Terribles」を結成し、着々と芦野政権を築こうとしていた。先輩に対する上から目線の言動が目立ち、"強いヒール"のイメージを確固たるものとしていた。

今回の防衛戦でイケメンと戦ったことにより、芦野祥太郎に何かが芽生えたのかもしれない。

WRESTLE-1の情報

※公式サイトから抜粋引用

スポンサーリンク


スポンサーリンク


(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。