ホーム » 五十音 » 0-タ » タカヤマヨシヒロ[高山善廣](高山堂)

タカヤマヨシヒロ[高山善廣](高山堂)


■高山善廣‥
◆東京都墨田区出身
◆1966年9月19日生
◆196cm125kg
◆東海大学(休学)→旧UWF→東海大学(卒業)→一般職→UWFインター→キングダム→フリー→全日本→NOAH→高山堂




略歴

東海大学在学中、休学して旧UWFの入団テストに合格するが、怪我でプロレスラーを断念する。大学卒業後、一時期サラリーマンをやった後、UWFインターナショナルに入門した。

1992年6月、プロレスデビューする。

1995年、安生洋二、山本健一とゴールデンカップスを結成する。

1995年12月、キングダムに移籍する。

全日本プロレスに移籍、NOAH旗揚げに参加、その後フリー、プロレスと格闘技の両方に出る。

1997年、フリーとなり全日本プロレスに参戦する。

1998年11月、大森隆男と組み、「NO FEAR」を結成する。(その後、浅子覚が加入)世界タッグ・アジアタッグ同時戴冠を達成する。

1999年5月、全日本プロレスに入団する。

2000年、旗揚げしたNOAHの旗揚げに参加する。

2001年、NOAH以外にPRIDEにも出場するようになり、フリーとなる(個人事務所=高山堂)。

ドンフライとノーガードの壮絶な殴り合いで大ブレイク

2001年6月23日、PRIDEでドンフライと対戦し、総合格闘技ではありえないノーガードの殴り合いをし、大ブレイクした。これにより、プロレスファンと格闘技ファンの両方で有名となった。

GHCとIWGPを獲得・プロレス大賞MVP

2002年9月7日、GHCヘビー級王座を獲得する。

2002年12月31日、「INOKI BOM-BA-YE」に出場しボブサップと対戦し玉砕する。

2003年5月2日、IWGPヘビー級王座を獲得する。

2003年12月、プロレス大賞MVPを獲得する。

2004年2月、鈴木みのると組み、IWGPタッグ王座を獲得する。

脳梗塞を発症、約2年で復帰

2004年8月8日、G1クライマックスの試合後、脳梗塞を発症し長期欠場する。

2006年7月16日、NOAHの試合で復帰する。

2007年12月2日、NOAHで小橋健太と初タッグを結成する。

三冠を獲得し、「IWGP・三冠・GHC」獲得達成

2009年3月14日、グレートムタに勝利し、三冠ヘビー級王座を獲得する。これで「IWGP・三冠・GHC」獲得達成となった。

2011年1月4日、杉浦貴と組み、オカダカズチカ・後藤洋央紀と対戦し、エベレストジャーマンでオカダに勝利する。

2016年、DDTに参戦する。

2017年4月、男色ディーノと組み、KO-Dタッグ王座を獲得する。

2017年5月4日、DDTの試合中に頭部を強打し、頸髄損傷および変形性頚椎症と診断され長期欠場している。鈴木みのるが中心となり、高山の復帰を支援するための活動が行われている。

獲得したタイトル

プロレス大賞MVP(2003年)
IWGPヘビー級王座
NWFヘビー級王座
IWGPタッグ王座
三冠ヘビー級王座
世界タッグ王座
アジアタッグ王座
GHCヘビー級王座
GHCタッグ王座
グローバル・タッグ・リーグ戦優勝(2010年・2013年)
グローバル・リーグ戦優勝(2010年)
NWAインターコンチネンタルタッグ王座
世界6人タッグ王座
KO-Dタッグ王座

関連記事


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。