ホーム » 0000-試合結果とニュース » 000-ニュ-ス » 新日本プロレス(ニュース) » 2019.08.12・新日本-飯伏幸太G1優勝・一人で寂しい会見・・鈴木みのる「IWGPのベルトをよこせ」・・KENTAがBULLET CLUBに加入

2019.08.12・新日本-飯伏幸太G1優勝・一人で寂しい会見・・鈴木みのる「IWGPのベルトをよこせ」・・KENTAがBULLET CLUBに加入

▼飯伏幸太がG1優勝
▼鈴木みのるがオカダ撃破・IWGPヘビー挑戦表明
▼KENTAがバレットクラブに加入

 


▲スポンサーリンク

2019.08.12・新日本・・飯伏幸太G1優勝

飯伏幸太がG1優勝

G1クライマックス決勝戦で、飯伏幸太がジェイホワイトに勝利し、G1初優勝を達成した。

飯伏幸太のコメント(趣意)
「これを言う権利を得たので言います。新日本プロレスは新しい時代に進みます」

    

飯伏幸太G1優勝インタビューは一人で寂しい会見・誰も祝福に来ない新日本の選手は冷たい

G1決勝後のインタビューは、飯伏幸太がどのグループにも属していないため一人で臨み、自分で記者に向かって「乾杯しましょう」と言い、疲れすぎて受け答えがはっきりせず、まったく盛り上がらず、グダグダで、終始シーンとしていた。

新日本プロレスの選手は誰も祝福に来なかった。飯伏がどのグループにも属していないといっても、アメリカに行ったケニーオメガに同行せず新日本に残った飯伏幸太のG1優勝会見に誰も祝福に来ないのは冷たい。

本当に新日本の選手は冷たい。


▲会見の席に飲み物が置かれていたが栓抜きは用意されていなかった。


▲「乾杯しましょう」と言い記者に無理やり飲み物を渡す。


▲栓抜きが無いので飯伏は自分の指の力で瓶の蓋を開け飲み始めた。記者たちは開けられないので飲まなかった。


▲試合後のインタビューは終始シーンとしていた。

本当に新日本の選手は冷たい。

  

鈴木みのるがIWGPヘビー挑戦表明

鈴木みのるがタッグマッチでオカダカズチカにゴッチ式パイルドライバーで勝利し、IWGPヘビー級王座に挑戦表明した。

鈴木みのるのコメント(趣意)
「オカダよ、G1に出させてもらえない俺に負けてだらしねえな。俺をG1に出さないで仲良しグループに入れるからこんなことになるんだよ。」
「オカダカズチカ、そして新日本、IWGPヘビーのベルトをよこせ。今度は逃げるなよ。俺は逃げも隠れもしねえぞ。」

 

KENTAがBULLET CLUBに加入

6人タッグマッチで、KENTAは石井智宏・YOSHI-HASHIと組み、バッドラックファレ・タマトンガ・タンガロアと対戦したが、この試合では味方のはずの石井智宏を攻撃し、タマトンガが石井からフォールをとるのをアシストした。

KENTAの親友で新日本参戦をサポートしてきた柴田勝頼がリングに上がりKENTAに制裁を加えたが、バレットクラブからは多勢に無勢でひどい目にあわされた。


▲大の字になっているのは柴田

柴田勝頼のコメント
いいんじゃねえか 自分で道を見つけて
でも、これだけは言っておく どこのリングに行っても ちゃんとKENTAでいろよ
迷子が道を見つけられて良かったんじぇねえか

あと一つ、人の顔を蹴ろうとした時に転ぶな!以上!

【出典】https://www.njpw.co.jp/

 


▲スポンサーリンク

(Visited 54 times, 1 visits today)

今週の人気記事