2020.12.06=新日本-石森太二がSHOを叱咤激励「力技に頼りすぎてる」「次はもっとしびれさせてくれ」

■石森太二・SHO‥




石森太二がSHOを叱咤激励

石森太二がSHOに勝利し7勝目・14ポイントを獲得した。

石森はバックステージで、対戦したばかりのSHOについてコメントした。

 

石森太二「SHO、どうだ、手足の短い俺に負けて」「力技に頼りすぎてる」「次はもっと、シビれさせてくれ」

SHO、どうだ、手足の短い俺に負けて?

いいか、プロレスは、手足の短い分、力がどうとか、そういうことじゃねぇんだよ。

ま、確かに今回スーパージュニアで、お前が気合でヒロムに勝ったことはすげぇよ。

だがな、お前はな、力技に頼りすぎてる。もっと視野を広げろよ。ホントに……もったいない。ジュニアでやるなら、プラスアルファが必要なんだ。

ま、ゆとりにはわかんねぇ、プロレス頭の話だけどな。まあ、試合をな、ピコピコしたゲームといっしょにされちゃ困るんだよ。

次はもっと、シビれさせてくれ。

 

SHOのコメント「新日本ジュニアって、最高に面白えな。必ず、頂点に立ってやる」

悔しい……悔しい……。今はその一言しかない。ああ……

でも、おととしと去年の結果踏まえて、今年のこの結果は、俺ひとりじゃ、俺ひとりで闘ってたら、これなかったとこかもしれない。

悔しいけど、このリーグ戦、なんか、シングルだけど、シングルなんだけど、俺ひとりで闘ってる気じゃなかったんだよ。

なんか、心強いなにかがあったんだ。そしてここまでこれた。

でも最後の最後、決められなかったのは、俺の弱さだ。相当厳しい。

新日本で100kg以下の最強決めるリーグ戦。この100kg以下、最強決めるリーグ戦は、相当厳しい。

そして今日闘った、現時点で、新日本の100kg以下最強のベルトを持ってるチャンピオン、相当強えよ。

でも、身に染みてわかった。新日本の100kg以下、このジュニア、新日本ジュニアって、最高に面白えな。必ず、頂点に立ってやる。

 

試合結果


 ┗新日本(1972.3.6-) ┗新日本(1972.3.6-)
※公式サイト等から試合結果を確認し、当サイトの統一書式で記載しています。


話題記事

タイトルとURLをコピーしました