ホーム » 0-サイトマップ » 選手名鑑 » 000-選手名鑑(誕生日順) » 3月生まれの人 » テンザンヒロヨシー天山広吉(第3世代)

テンザンヒロヨシー天山広吉(第3世代)


▼京都府京都市出身
▼1971年3月23日生
▼183cm115kg
▼新日本プロレス

スポンサーリンク


天山広吉の略歴

1991年1月、新日本プロレスからプロレスデビューする。

1993年3月、ヤングライオン杯で優勝する。

1993年6月、オーストリアのプロレス団体CWAに遠征する。CWA世界ジュニア王座を獲得する。その後、カルガリーで大剛鉄之助の指導で肉体改造を行った。

1995年2月、蝶野正洋・ヒロ斎藤・サブゥーと共に新軍団「狼群団」を結成する。

1995年6月、蝶野正洋と組み、IWGPタッグ王座を獲得する。

1997年、蝶野正洋が率いる「nWo Japan」に加入する。

小島聡とのタッグチーム「テンコジ」を結成

1998年10月、小島聡とのタッグチーム「テンコジ」を結成する。

1999年1月4日、テンコジでIWGPタッグ王座を獲得する。

2001年11月、テンコジでG1タッグリーグ優勝を達成する。

G1クライマックス3回優勝・IWGP王座獲得

2003年8月、G1クライマックスで初優勝する。

2003年11月、IWGPヘビー級王座を獲得する。

2004年8月、G1クライマックス連覇を達成する。

2005年2月20日、三冠王者である全日本プロレスの小島聡と、IWGP王者である新日本プロレスの天山広吉が、ダブルタイトルマッチで対戦し、天山広吉は脱水症状でKO負けとなった。

2006年8月、G1クライマックスで全勝優勝を達成する(3回目の優勝)。

2006年12月、小島聡と組み、世界最強タッグリーグ戦で優勝する。

GBH追放→飯塚高史と友情タッグ→飯塚高史裏切り

2006年10月、新軍団GBHを結成する。

2008年3月、NEW JAPAN CUPの試合後にGBHのメンバーから攻撃を受け、飯塚高史が救出する。その後、飯塚高史と「友情タッグ」を結成する。

2008年4月、「友情タッグ」でIWGP王座に挑戦したが、試合終盤に味方のはずの飯塚が裏切り、天山をスリーパーホールドで絞め落とした。その後、飯塚との抗争が始まる。

2008年10月、小島聡とのテンコジタッグでG1タッグリーグ優勝を達成する。その後、世界最強タッグ決定リーグ戦でもテンコジで優勝する。

テンコジタッグが復活してからは、ずーっとテンコジ

2012年、テンコジタッグでIWGPタッグ王座を獲得する。

2013年、テンコジタッグでIWGPタッグ王座を獲得する。

2014年、テンコジタッグでNWA世界タッグ王座を獲得する。

2015年、NWA世界ヘビー級王座を獲得する。

2016年6月、当初はG1クライマックスにエントリーされず不満を言ったところ、小島聡が出場権を天山に譲り、G1クライマックスに出場する。成績は2勝7敗であった。

2017年3月、テンコジタッグでIWGPタッグ王座を獲得する。

天山広吉が獲得したタイトル

IWGPヘビー級王座
IWGPタッグ王座
G1 CLIMAX優勝
SG TAG LEAGUE優勝
G1 TAG LEAGUE優勝
世界最強タッグ決定リーグ戦優勝
NWA世界ヘビー級王座
NWA世界タッグ王座
CWA世界ジュニアヘビー級王座

ゆかりのひと

関連記事


▲スポンサーリンク


▲スポンサーリンク

(Visited 7 times, 1 visits today)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。