2022.01.05=新日本-オカダカズチカが涙「声援のあるなかでプロレスがしたい」アントニオ猪木にエール・内藤哲也挑戦表明

オカダカズチカがIWGP世界ヘビー初防衛

1月5日、新日本プロレス・東京ドーム大会でIWGP世界ヘビー級選手権が行われ、チャンピオンのオカダカズチカが挑戦者のウィルオスプレイに勝利し、初防衛に成功した。

2022年1月5日・東京ドーム
★IWGP世界ヘビー選手権・・
○オカダカズチカ・・
(32分52秒・レインメーカー)
×ウィルオスプレイ・・
※オカダカズチカが初防衛

■オカダカズチカのコメント

オスプレイ、本物の王者はこの俺だけど、お前の強さは本物だよ。認めてやる。

これで、胸を張って言えると思います。
IWGP世界ヘビー級王者はこの俺だ。

鷹木さんとオスプレイのように50周年にふさわしい相手と、
50周年にふさわしい戦いを見せますので、
オカダカズチカとIWGP世界ヘビー級にご注目ください。

内藤哲也が挑戦表明

この日の試合でジェフコブに勝利した内藤哲也が登場しオカダカズチカへの挑戦を表明した。

2022年1月5日・東京ドーム
▼スペシャルシングルマッチ
○内藤哲也・・
(15分34秒・デスティーノ)
×ジェフコブ・・

■内藤哲也のコメント
いま新日本で一番強い男は間違いなくオカダだよ。
だからこそ、そんなオカダを感じてみたい。
だからこそ、そんなオカダの持つベルトにチャレンジしたい。

オカダカズチカ「声援のある中でプロレスがしたい」

■オカダカズチカのコメント
この歓声を聞いたら問題ないでしょう。
オカダカズチカ対内藤哲也、決定でいいんじゃないでしょうか。
50周年にふさわしいんじゃないでしょうか。

猪木さん、
俺はこの新日本のリングの上に猪木さんが上がってくれるのを待ってます。
元気があればなんでもできる。
そうでしょ?
猪木さん、しっかりと元気になってこのリングにまた上がってください。

俺、やっぱり声援のあるなかでプロレスがしたい。
もう無観客に戻りたくないですし、しっかりみんなの前で戦っていきます。
全選手、熱い戦いしますので、これからも新日本プロレス、よろしくお願いします。

話題記事

タイトルとURLをコピーしました