ホーム » プロレスの名言 » 夢・希望 » 鈴木みのる「被災者は水と食料で生きてるんじゃない。夢と希望で生きてるんだ」

鈴木みのる「被災者は水と食料で生きてるんじゃない。夢と希望で生きてるんだ」




鈴木みのるは様々な形で被災者の支援をしている

東日本大震災が発生した2011年3月11日、鈴木みのるは全日本プロレスの試合に参戦する予定であり、宮城県でバスで移動中であった。

試合は中止となり、2~3日かけて横浜に戻った。

その後は、プロレスの試合をしながら、被災者に様々な形で支援をしていた。

鈴木みのるは、被災地への支援活動などを行ったようであるが(詳しくは公開されていないが)、水や食料の支援のみならず、夢と希望を被災者に与えることがプロレスラーである自分の使命であると考えているようであった。

鈴木みのる「被災者は水と食料で生きてるんじゃない。夢と希望で生きてるんだ」

プロレスの名言「夢・希望」


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。