ホーム » 000-プロレスラーの名言 » プロレス論 » ジャイアント馬場「その2センチの差が有利に働くんですよね~」

ジャイアント馬場「その2センチの差が有利に働くんですよね~」

▼身長209センチのジャイアント馬場が述べた細かい解説


スポンサーリンク

ジャイアント馬場「その2センチの差が有利に働くんですよね~」

身長209センチのジャイアント馬場が、身長差について細かい解説

1990年代、全日本プロレスの三冠ヘビー級選手権の解説席には、いつもジャイアント馬場が座り、試合でポイントとなる事や結果の予想などを解説していた。

1997年6月6日、三冠ヘビー級選手権「三沢光晴 vs 川田利明」の解説席には、いつものようにジャイアント馬場が座った。馬場は「三沢 vs 川田」をどう予想するか、ポイントとなることは何か、などを聞かれ、このように答えた。

「三沢は身長185センチ、川田は183センチ、その2センチの差が有利に働くんですよね~」

身長209センチの馬場が、180センチ台の二人の選手の2センチの差による優位性を主張した。

試合は、壮絶な激しい試合となり、解説の馬場が感動して涙ぐむほどであった。

試合結果は、馬場が予想したとおり、2センチ背が高い三沢光晴が勝利し、三冠ヘビー級王座を防衛した。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

(Visited 38 times, 1 visits today)