ホーム » プロレスの名言 » 夢・希望 » 田口隆祐「スポットライトを浴びて満足しているんじゃない。自分が光り輝け。」

田口隆祐「スポットライトを浴びて満足しているんじゃない。自分が光り輝け。」

田口監督は、下ネタとか、はやりもののパクリとか、変なことばっかり言っているが、ときどき良いことを言うことも無くはない。 
 
 


▲スポンサーリンク

田口隆祐「スポットライトを浴びて満足しているんじゃない。自分が光り輝け。」

田口隆祐は、2017年1月から「タグチジャパン」を結成し、自分が監督となり、主にタッグマッチの選手権のチーム編成を行ってきた。

田口監督は、自分が選抜した選手の指導を行う立場であるが、下ネタとか、はやりもののパクリとか、変なことばかり言っている。

しかし、ときどき良いことを言うことも無くはない。これはとても良いことを言ったと思う。

「スポットライトを浴びて満足しているんじゃない。自分が光り輝け。」

プロレスラーは、強さを競い合い、リング上のゲームで勝利をスコアすることはもちろん大事だが、それだけではスターになれない。自分がプロレス界を照らす光源とならなければスターになれないのである。

 


▲スポンサーリンク

プロレスの名言「夢・希望」

 


▲スポンサーリンク

プロレスの名言一覧

 


▲スポンサーリンク

(Visited 142 times, 1 visits today)

今週の人気記事

商標登録手続中(商願2019-40335)