ホーム » プロレスの名言 » プロレス論 » 三沢光晴「人間を表現できるレスラーは本物」

三沢光晴「人間を表現できるレスラーは本物」

三沢光晴が語った「プロレスの奥深さ」を示した言葉
 
 


▲スポンサーリンク

三沢光晴「人間を表現できるレスラーは本物」

三沢光晴は、1990年代から2000年代まで、激しいプロレスを極限まで追求した。特に小橋建太との激闘は後世に語り継がれるものとなった。三沢は、リング上で観客にアピールするようなことは特にせず、あくまで試合内容でファンに訴えかけていた。

三沢は、プロレス論のようなものを語ることはほとんどなかったが、インタビューに答えているなかで以下のように述べている。

プロレスは闘って勝てばいいというものではない。人間臭さがでるスポーツだと思うんです。人間を表現できるレスラーは本物。

 


▲スポンサーリンク

プロレスの名言「プロレス論」

 


▲スポンサーリンク

メインメニュー

メインメニュー