ページリロード

2023.04.08-新日本-東京・両国国技館=6510人・・★SANADAがIWGP世界ヘビー初戴冠・・新しいチャンピオン像を表現

■2023.04.08-新日本-東京・両国国技館=6510人・・【SAKURA GENESIS 2023】

▼新日ちゃんぴおん。グランプリ獲得記念特別試合6人タッグマッチ
○矢野通・グレートオーカーン・鈴木みのる・・
(13分10秒・横入り式エビ固め)
YOH・エルデスペラード・×棚橋弘至・・

▼20分1本勝負
○ジェフコブ・アーロンヘナーレ・フランシスコアキラ・・
(8分1秒・ツアーオブジアイランド)
EVIL・高橋裕二郎・×SHO・・

▼20分1本勝負
タイチ・○金丸義信・DOUKI・・
(9分20秒・足4の字固め)
内藤哲也・鷹木信悟・×BUSHI・・

▼20分1本勝負
デビッドフィンレー・KENTA・○エルファンタズモ・・
(8分46秒・CRⅡ)
タマトンガ・ヒクレオ・×マスターワト・・

★IWGP女子選手権・・
○メルセデスモネ・・
(13分53秒・モネメーカー)
×AZM・・
【vs】
葉月・・

★NJPW WORLD認定TV選手権・・
○ザックセイバージュニア・・
(13分35秒・ジャックナイフエビ固め)
×海野翔太・・

★IWGPタッグ選手権・・
マークデイビス・○カイルフレッチャー・・
(15分30秒・コリオリス)
×後藤洋央紀・YOSHI-HASHI・・
※マークデイビス・カイルフレッチャーが新王者・・

★IWGPジュニアヘビー級選手権・・
○高橋ヒロム・・
(21分12秒・TIME BOMBⅡ)
×ロビーイーグルス・・
※高橋ヒロムが新王者・・

★IWGP世界ヘビー級選手権・・
×オカダカズチカ・・
(26分58秒・変型DDT)
○SANADA・・
※SANADAが新王者・・

■SANADAがIWGP世界ヘビー初戴冠・高橋ヒロムが挑戦表明

IWGP世界ヘビー級選手権が行われ、チャンピオンのオカダカズチカに挑戦者のSANADAが勝利し、SANADAがIWGP世界ヘビー級王座を獲得した。SANADAにとっては初の戴冠となった。

試合後、高橋ヒロムがSANADAに挑戦表明すると、SANADAは、その前に金丸義信のジュニアヘビー級挑戦を受けるように促し、高橋ヒロムが受諾した。


【出典】https://twitter.com/Tamashii_njpw/status/1644675911877525508/photo/1

SANADAのコメント(リング上・趣意)

俺がここまで来れたのも、オカダさんがいたからです。
ありがとうございました。

いつもは俺からのGIFTですが、今日はみんなからのGIFTです。
伝わってますか?

世界中でIWGP世界ヘビー級ベルトが一番好きです。
see you next time.

SANADAのコメント(バックステージ・趣意)

このリングに来て7年なんですけど、ちょうど7年前の4月の両国で、しかもIWGP戦の乱入で、その時リングにいたのがオカダと内藤で、その時いた人に勝ったっていうのが、なんかストーリーあるなと思ってて。

ここまで獲れなかったのも全部意味があったのかなと、今日獲るために今まで獲れなかったのかなと。


【出典】https://twitter.com/takam777/status/1644706196316905474/photo/1
まぁ一番の理由は、このJust 5 Guysのメンバーと組んだことなんで、このメンバーで取れたっていうことが凄く嬉しいです。

まず自分がチャンピオンになったことで景色が変わると思うんで。
で、こうやってヒロムさんとかチャレンジャーで来るっていうこと自体がもう新しい景色で、こういうことが増えて、今までないものが今後実現していくんじゃないかと。
それが新しい景色に繋がるなと思います。

SANADAが笑顔・・新しいチャンピオン像

SANADAは、ロスインゴのときは「cold skull」(冷酷な髑髏)というイメージを守り、技は「頭から落とす技」を否定し、自分を型に嵌めている状況であった。


「Just5Guys」加入後は、自分に嵌めていた型を徐々に外し、使用する技の範囲を広げ、結果を出しつつある。
対戦相手に敬意を示し、オカダやロスインゴに対しては「さん」づけで呼び、むやみに敵対することはせず、今までにないチャンピオン像を形成しようとしている。

■関連情報

タイトルとURLをコピーしました