ページリロード

2023.05.03-新日本-棚橋弘至と石井智宏が握手・・棚橋弘至「破顔一笑」石井智宏「粛々と仕事」・・棚橋と石井は「良い画」を残せるレスラーである

■オカダカズチカ・棚橋弘至・石井智宏が6人タッグ新チャンピオン

NEVER無差別級6人タッグ選手権が行われ、チャンピオンの鈴木みのる・エルデスペラード・成田蓮に、挑戦者のオカダカズチカ・棚橋弘至・石井智宏が勝利し、新チャンピオンとなった。

★NEVER無差別級6人タッグ選手権・・
○オカダカズチカ・棚橋弘至・石井智宏・・
(19分36秒・レインメーカー)
鈴木みのる・エルデスペラード・×成田蓮・・

■棚橋弘至が石井智宏と握手

当初、石井智宏は、本隊の棚橋弘至が脇腹の負傷からの病み上がりで、CHAOSであるオカダ・石井と組んで選手権に出場することに難色を示していた。
しかし、棚橋が脇腹の痛みを堪えながら奮闘し、結果的に選手権に勝利し、試合後、棚橋と石井は握手した。

■棚橋弘至「破顔一笑」石井智宏「粛々と仕事」

握手した後の、棚橋の嬉しそうな表情からすると、棚橋は石井との距離感に相当悩んでいたのだろう。
棚橋は石井と握手し感激して感情を爆発させ、石井はいつものとおりに粛々と仕事を終わらせ、さっさと帰っていく。
棚橋弘至と石井智宏は、「良い画」を残せるレスラーである。

■関連情報

タイトルとURLをコピーしました