ホーム » プロレスの名言 » プロレスラーの人間性 » 棚橋弘至「みんな背負って生きていくんだ」十年後にまさかあれをいじられるとは・・・

棚橋弘至「みんな背負って生きていくんだ」十年後にまさかあれをいじられるとは・・・




棚橋弘至が交際女性から刺される→10年後にいじられる

2002年11月、棚橋弘至は交際していた女性に刃物で刺され重傷を負う。

棚橋は解雇も覚悟したが、会社からは「スキャンダルをプラスにするぐらいに頑張れ」と言われ、治療して引き続きプロレスラーを続けることになった。

その後、IWGP王者として君臨し新日本プロレスのエースとなるが、10年後にこの話をネタにいじられることになる。

高橋裕二郎から10年前の事件をいじられ、まじめ返答

2012年10月8日、高橋裕二郎が棚橋からスリーカウントをとった実績をアピールし、IWGPへの挑戦表明をした。その際に、十年前の事件をいじった。

高橋裕二郎「おまえが俺に負けた過去は消せない。もう一つ、お前には十年前に消せない過去があったよなあ・・・・おれも刺されるほど愛されてみてーなあー」

これに対する棚橋弘至の返答が以下の言葉である。

棚橋弘至「たしかに過去は消せない。みんな背負って生きていくんだ」

プロレスの名言「プロレスラーの人間性」


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

メインメニュー

メインメニュー