ホーム » 000-プロレスラーの名言 » レスラーの強さ » 桜庭和志「次はお兄さん僕と勝負してください」

桜庭和志「次はお兄さん僕と勝負してください」

前田光世→エリオ・グレイシー→ヒクソン・グレイシーと引き継がれてきた精神に則った発言を桜庭和志がした→戦わずして桜庭が勝った・・・・・

 
 


▲スポンサーリンク

桜庭和志「次はお兄さん僕と勝負してください」

前田光世の柔術がブラジルでグレイシー柔術となる

日本人の柔術家・前田光世は、1910年代、ブラジルで異種格闘技戦を行い連戦連勝を重ね、ブラジルの英雄となり、その後、ブラジルに定住した。その後、ガスタオン・グレーシーから頼まれ、子供の一人であるカ―ロス・グレーシーに柔術を指導した。その技術をカーロス・グレーシーと弟のエリオ・グレーシーが技術体系として確立させたのが「グレイシー柔術」である。


▲前田光世

前田光世からグレイシー一族に伝えられた精神

グレイシーに伝わる精神を表すものとして、前田光世が述べた言葉がある。

「ボクサーを拳闘というゲームの達人と言うならば許すが、世界一の格闘王というのは認めない」

エリオ・グレイシーに伝えられた精神

前田光世の精神は、エリオ・グレイシーに引き継がれている。

エリオ・グレイシーは、ボクシングのチャンピオンであったジョー・ルイスに公開挑戦状を出したことがあり、それが新聞記事になった。グレイシー家では、その新聞記事を大事に額に入れて飾っている。

ジョー・ルイスが挑戦を受けなかったため、エリオ・グレイシーはジョー・ルイスと対戦できなかったが、額に飾っている新聞記事は、「戦わずしてグレイシーが勝った」という彼らの誇りなのである。

ヒクソン・グレイシーに伝えられた精神

この精神は、エリオの息子ヒクソン・グレイシーにも引き継がれている。これについてヒクソンが述べた言葉がある。

「マイク・タイソンがボクシング界最強の男であることは承知している。けれど彼がこの地球上で最強の男というならば、私は彼と戦わなければならない。それはグレイシー柔術に対する挑戦状だと私は理解するからだ」

桜庭和志によって表現されたグレイシーの精神

1999年11月21日、「ホイラー・グレイシー vs 桜庭和志」が行われ、桜庭和志が勝利した。このときに、ホイラーのセコンドについていたのが、兄のヒクソン・グレイシーであった。ヒクソン・グレイシーは、桜庭の師匠ともいえる高田延彦に勝った相手であり、「最強」と言われていた男であった。

そのヒクソン・グレイシーに対して、桜庭が挑戦表明をした。

「次はお兄さん僕と勝負してください」

これはまさに前田光世→エリオ・グレイシー→ヒクソン・グレイシーと引き継がれてきた精神に則った発言であった。

しかし、ヒクソンは挑戦を受けなかった。

「戦わずして桜庭が勝った」

ヒクソンはジョールイスと同様、挑戦を受けなかったため、「戦わずして桜庭が勝った」と言われても仕方がないのではないか。

※「不敗の格闘王・前田光世伝」より抜粋引用

 


▲スポンサーリンク

プロレスの名言「強さとは何か」

 


▲スポンサーリンク

プロレスの名言

 


▲スポンサーリンク

(Visited 69 times, 1 visits today)