ホーム » サ1 » 000-プロレス技 » 投げ技・落とし技 » ジャーマンスープレックスホールド・・

ジャーマンスープレックスホールド・・




ジャーマンスープレックスホールド


▲カールゴッチの見事なジャーマン

ジャーマンスープレックスホールドは、相手の後方から胴付近に両手を回してクラッチし、相手を上方に持ち上げ自分はブリッジして、相手を自分の後方でフォールする。

 

ジャーマンスープレックスホールドを日本で初めて公開したのはカールゴッチである

ベルギー出身でアメリカで活躍していたプロレスラー・カールゴッチが開発し、1961年にゴッチが来日したときに、初めて日本で公開した。

カールゴッチは、プロフィール上では、ナチスドイツのイメージでドイツ人を名乗っていたため「ジャーマン」という名がついた。

 

鈴季すずの270度回転ジャーマン

鈴季すずのジャーマンは、顔が完全に270度回転したフォームである。


▲鈴季すずの見事なジャーマンスープレックス

 

高山善廣の「エベレストジャーマン」

高山善廣は、196cmの長身を活かした大きな弧を美しく描く「エベレストジャーマン」を決め技としている。


▲高山善廣のエベレストジャーマン

 

原田大輔の「片山ジャーマンスープレックスホールド」

原田大輔は、自分の故郷・大阪府吹田市片山町から名をとり、片山ジャーマンスープレックスホールドと称している。

 

ドンフジイの「ナイスジャーマン」

技を仕掛けるときの姿勢が良く、CIMAが「ナイス」と褒めたため、ドンフジイはこの技を「ナイスジャーマン」と称して使用している。

この技の使い手

  • タカヤマヨシヒロ[高山善廣](高山堂)タカヤマヨシヒロ[高山善廣](高山堂)
    ■高山善廣‥ ◆東京都墨田区出身 ◆1966年9月19日生 ◆196cm125kg ◆東海大学→休学→旧UWF→東海大学(卒業)→一般職→UWFインター→キングダム→フリー→全日本→NOAH→高山堂 ...

 

投げ技・落とし技

 

プロレス技

今週の人気記事

今月の人気記事

「megamatsuko」登録6239571号