ページリロード

PR

2022.07.16-NOAH【話題】武藤が清宮に譲ると言った「ドラゴンスクリュー・足4の字固め・シャイニングウィザード」この3つの技の起源は?

■武藤が清宮に譲るといった「ドラゴンスクリュー・足4の字固め・シャイニングウィザード」3つの技の起源は?

7月16日、東京・日本武道館において、シングルマッチ「清宮海斗vs武藤敬司」が行われ、清宮海斗が勝利した。

2022年7月16日・日本武道館
○清宮海斗・・
(26分28秒・足4の字固め)
×武藤敬司・・

武藤敬司は、武藤の技を駆使して勝利した清宮海斗に対して、以下のように発言した。

「ドラゴンスクリュー・足4の字固め・シャイニングウィザードをあいつに譲るよ」

この発言に対しては、正しい認識で理解しないといけない。
この3つの技は、「武藤敬司が使うことにより輝いた」といっても間違いはないが、3つのうち2つの技の開発者は違う人である。

  • Muto Keiji[武藤敬司]Muto Keiji[武藤敬司]
    ■武藤敬司‥ ◆山梨県出身 ◆1962年12月23日生 ◆188cm110kg ◆新日本→全日本→WRESTLE-1→NOAH

ドラゴンスクリューと足4の字固めは武藤敬司が使うことで輝いたが、開発者は違う。

ドラゴンスクリューは藤波辰爾が開発
「ドラゴンスクリュー」は藤波辰爾が開発し、相手の足にダメージを与える技として使用した。

藤波辰爾が開発した技は、他にもドラゴンスープレックス、ドラゴンロケット、ドラゴンスリーパーなど様々あり、藤波辰爾のニックネームが「ドラゴン」であったため、冒頭に「ドラゴン」がついている。

ドラゴンスクリューは、他の技に比べて地味だったため、それほど注目されなかった。

  • Fujinami Tatsumi[藤波辰爾]Fujinami Tatsumi[藤波辰爾]
    ■藤波辰爾‥ ◆大分県出身 ◆1953年12月28日生 ◆185cm108kg ◆日本プロレス→新日本→ドラディション ◆LEONAの父

足4の字固めは昔からの古典的な技
「足4の字固め」は、プロレス草創期から使用されている古典的な技であり、使い手としてはザ・デストロイヤーとリックフレアーが有名である。

1963年5月24日に日本テレビが中継し、視聴率64%を記録したWWA世界選手権「力道山vsザ・デストロイヤー」はあまりにも有名である。

リックフレアーは、主に80年代にNWA世界ヘビー級王者として君臨し、足4の字固めを決め技としていた。
試合運びは、最後の決め技の足4の字固めに向けて、論理的に組み立てられていた。

武藤敬司が世紀の一戦で使用したことにより2つの技が輝いた

1995年10月9日、団体の威信をかけた大一番「新日本vsUWFインターナショナル」のメインイベント「武藤敬司vs高田延彦」で武藤敬司がドラゴンスクリューで高田延彦の足にダメージを与え、最終的には足4の字固めで勝利した。

当時は、ドラゴンスクリューと足4の字固めはあまり頻繁に使用されてなかったため、大注目の世紀の一戦で使用されたことにより注目を浴びた。

この試合以降、武藤敬司は、ドラゴンスクリューで足にダメージを与え、足4の字固めで極めるパターンで勝利を積み重ねていった。

シャイニングウィザードは武藤敬司が開発した。

「シャイニングウィザード」は、武藤敬司が開発し、2001年頃から頻繁に使用している。

他の選手も使用しているが、いまだに武藤敬司より見栄えのするシャイニングウィザードをやる選手はいないだろう。

■団体の情報

    話題記事

    試合情報

    チャンピオン一覧

    NOAHのチャンピオン一覧
    トップページ

    ■話題記事


    トップページ

    ■サイトマップ

      トップページ

      タイトルとURLをコピーしました